読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンタスティック映画主婦

専業主婦の専業主婦による専業主婦のためにはならない映画ブログ。考察などとは無縁の感想文は基本ネタバレ。独断と偏見による☆評価 満点は★5 (2017年4月「苺チョコレートをまるかじり」よりタイトル変更しました )

プレーンズ2ファイヤー&レスキューーー転職を天職に!★★★★(4.0)

f:id:minmin70:20150724205834j:plain

 

あらすじ
世界一周レースのチャンピオンとなったダスティ・クロップホッパーは、その後のレースでも大活躍。彼の出身地である小さな飛行場プロップウォッシュ・ジャンクションも一躍有名になる。
ある日ダスティはいつものようにレースの練習をしていたところ、エンジンに異常きたす。これまでの無理がたたり、ギアボックスが破損してしまったのだ。しかもダスティのギアボックスは製造中止でもう手に入らない代物だったため、レース機としてはもう飛ぶことが出来ない状態に。その夜、無理に飛行したダスティは誤って火事を起こす。みんなの協力でなんとか火は消し止められたが、その際に行政から町の消防対策の不備を指摘され、飛行場は使用を禁止されてしまう。責任を感じたダスティは飛行場再開のために消防士として訓練を受けることにするのだが…。
 
 
 


映画『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』予告編 - YouTube

 
 
 
観賞日  2015年7月18日
 

カーズシリーズのわたしの評価は、カーズ1→★4、カーズ2→★3、プレーンズ1→★2と、一段一段下がっているのであまり期待をせずに観てみました。



ところがどっこい!
これがちょー面白かったです!
 
消火活動シーンは迫力大。住宅火災でなく山火事ってところもアメリカだなーって感じです。
最初の出動シーンからもう大興奮でした。準備の段階から最高です。何がいいって、BGMがAC/DCの「Thunderstruck」ですよ。
その火事が、落雷による自然発火だからね、「Tunderstruck」!いいね、この安直さ(笑)。パラシュート隊が飛び降りるところなんて、曲とも合ってて抜群の格好よさ。これだけでもう満点にしたい気分です(そんなわたしが一番安直だ!)。


ただラストがなー。納得いかないっていうか、不満なんだよな。ってそこが一番大事なとこじゃんね(笑)。
でもそれ以外はほんとにね、良かったのよ。


ネタバレしています。ご注意ください。










さて、今作で重要なのは、ダスティの消防士への転職が本意ではないということ。前作「プレーンズ」では自分の意思による転職を描いていましたが、今作「ファイヤー&レスキュー」は仕方なしの転職なんですね。

減速ギアボックスが破損して、全速で飛ぶと墜落の危険が生じてしまったダスティは、それでもレーサーとしての自分を諦めきれない。栄光を経験してしまった彼はもう農薬散布機に戻れるはずもない。周りの仲間たちも部品さえ交換できればまた以前のように飛べると思っている。
人間でいうところの怪我による離脱、といったところか。怪我さえ治ればまたやれる、と本人も、みんなも思っている。

それまでのつなぎのようなノリで、ダスティはあまり考えなしに消防士の訓練を受けはじめます。もちろん自分の過失で仲間に迷惑をかけた負い目もあったわけだけど。所詮は腰掛け。仕事にする気はさらさらなかったはず。

ダスティが入隊したピストンピーク消防隊の隊員たちも元々は違う仕事をしていた者たちばかり。でも今は、消防士の仕事にやり甲斐を感じている。予算が削られて管制塔の修理や備品をDIYしたりしながらも、この仕事に誇りを持っている。

それに比べ、新入り訓練生で腰掛け気分のダスティは、自分の能力を過信して上司のブレード・レンジャーの指示に従わなかったり、どうにも浮ついてる。ダスティ、チャンピオンレーサーだからちょっと調子乗ってます。
でも仲間たちはいいやつだから文句言わないんだなー。

終盤、山で大きな火事が起き、その直前に部品がもう手に入らないと知らされたダスティは不注意で鎮火に失敗してしまう。ブレードの指示も無視して湖に飛び込んだり、挙句に「帰る!」とか言い出す始末。はっきり言って、この辺りはかなりいらいらしました。
けれどもダスティは、身を挺して自分を守ってくれたブレードの姿に、消防士の本質を垣間見ます。
劇中、消防士についての台詞があります。「名前も知らない者を助ける。みんなが逃げた場所に飛び込む」
他人の命を救うために、自分の命を危険にさらすのです。並みの精神力では務まりません。

そんな彼の姿にほだされたダスティは一念発起。腰掛けのつもりだった仕事に、やっと本腰を入れ、「車」命救助の際に全力を出すことを選び、墜落してしまいます。この仕事に命をかけたのです。

だからこそ、ラストの展開には納得いかなかった‼︎
墜落しても生きてたのはいいよ。
でも、破損したギアボックスをDIYで修理してレーサーとしても復帰!ってさすがに都合よすぎでしょ(笑)。
まぁディズニーのキッズ向けアニメですから、この大団円も当然っちゃ当然なんだろうけどさー。だからまぁ、そこまで目くじら立てないよ。大人だからね!

とは言え、仕事へのスタンスに関しては前作の「好きを仕事に」よりも好感が持てました。普遍的なテーマ性はあらゆる世代に受け入れられるのではないでしょうか。

大好きな仕事でも、いろいろな理由で辞めざるを得ない時もある。加齢や病気という肉体的な問題や、出産育児や介護など、家族の問題であることも。
それでも、好きな仕事ができなくなっても、誰かのために、自分のために、働くことはできる。そこに誇りがあれば、その仕事は自分の天職になる。


消防士により一層の敬意を★★★★
とりあえず仕事頑張ろう★★★
総合★★★★(4.0)

以前のカーズシリーズのわたしの感想はこちら↓



ちなみに、わたしの推しカーはフィルモア

ディズニー カーズ トミカ C-14 フィルモア


推しプレーンはウィンドリフター。

トミカ プレーンズ P-18 ウィンドリフター (スタンダードタイプ)


…ってどうでもいいね(苦笑)。