ファンタスティック映画主婦

専業主婦の専業主婦による専業主婦のためにはならない映画ブログ。考察などとは無縁の感想文は基本ネタバレ。独断と偏見による☆評価 満点は★5

夏!だからこそ、の暑苦し映画を選んでみました。

夏映画と言えば…

さわやかな青春映画、大いに結構。

アロハなラブストーリー、いいと思います。

マリンなサーフムービー、観るべし観るべし。

ホラーでひんやりと、最高ですね。

 …でも、夏にカレー的な意味で、あえて暑苦しい映画を観ると言うのもオツなものだとは思いませんか!?

 と言うわけで、そんな夏にぴったりの(?)暑苦し映画をわたくしの独断と偏見で選んでみました。

 間も無く8月も終わりますが、まだまだ暑い日が続きます。寝苦しい熱帯夜のお供にどうぞ。

 

 

 

 

フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン (字幕版)

あらすじ】渋滞が続く高速で、「うちに帰る」と突然車を降りた男。灼熱の中、暴走する男の怒り。彼はどこへ向かうのか…。

 まずはマイケル・ダグラスの鼻汗から始まるこちらの暑苦し映画から。冒頭の炎天下の渋滞シーンから暑さ爆発です。

 コーラの値段が高いんじゃぼけ!とブチ切れる。朝マック食べさせろ!と銃で脅す。予算消化のために道路工事してんじゃねぇ!とバズーカをぶっ放す…と、マイケル・ダグラスが世の理不尽に対して理不尽にキレまくる映画です。でもラストはキレ男の悲哀に切なくなるんですよね…「もうちょっとなんとかならなかったのだろうか」と。

 そんなキレ男を気のいいおっちゃん刑事(今日が退職日で、部下にも上司にもバカにされてる)が追う、という話運びも秀逸。おすすめ。

 


わらの犬

わらの犬  HDリマスター版DVD

 【あらすじ】アメリカから妻エイミーの故郷であるイギリスの片田舎に引っ越してきた数学者のデイヴィッド。しかし、エイミーの元彼をはじめ現地の住民から嫌がらせを受け、バカにされる日々が続く。ある夜、知的障害者のヘンリーを家にかくまったことをきっかけに、デイヴィッドの反撃がはじまった…。

 こちらの暑苦しポイントは、やはり終盤の割れたメガネで汗だくで反撃に転じるのダスティン・ホフマンでしょう。とは言え登場人物みんなが何とは無しに汗臭い。映画内の季節的には夏ではないんでしょうけどね、なんだろうな、あのじっとりねっとり感。 

 


キング・イズ・アライブ 

キング・イズ・アライヴ [DVD]

【あらすじ】砂漠の真ん中でバスが故障し、足止めをくらった11人の乗客。一人が助けを呼びに行っている間、時間つぶしのため、演劇俳優だったというヘンリーの提案で「リア王」を演じることになった残りの10人。しかし、時間がたつにつれ彼らは次第に精神のバランスを崩していく…。

 砂漠で「リア王」?なんで?って感じですが、そういう話なんだからしょうがない(笑)。これを観たのはもう随分前なんですが、とにかくカラカラに乾いた砂漠が暑苦しくて、それを観てるだけでこちらの喉もカラカラになった覚えがあります。

 けれどこの作品、Yahoo!映画で軒並み☆1評価で頭が沸騰しかけました。結構面白かったと思うんだけどなぁ…。



ラスト・キング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランド(特別編) [DVD]

【あらすじ】スコットランドの医学校を卒業したニコラスは、環境を変えたいと、イディ・アミンが軍事クーデターを起こしたばかりのウガンダのムガンボ村にある診療所へとやって来た。偶然からアミン大統領の主治医となったニコラスは、大統領から信頼され直接助言を与えるようにまでなり、自らも権力を得たかのように錯覚するが…。

 フォレスト・ウィテカーのじっとりとした目線の演技が実に暑苦いやらしい映画です。ジェームス・マカヴォイが鼻もちならない青年役でね、絶対こいつ痛い目みるぞ…と思ってたら案の定。でもこいつのやったことに比べたらしっぺ返しがぬる過ぎなんだが、権力に取り憑かれた人の末路は往往にして悲惨なもんですわ。

 第?夫人に科される拷問もエグいし、超胸糞映画なんでアレですけど、未見の方は是非!

 


リミット

[リミット] スペシャル・プライス [DVD]

【あらすじ】イラクで民間トラックドライバーとして働くポールは、何者かに襲われる。土に埋められた棺の中で意識を取り戻したポールは、充電の少ない携帯電話で必死に助けを呼ぼうと試みるが…。

 これは暑苦しというより息苦し映画かな?棺桶の中のライアン・レイノルズが汗だくで頑張る映画です(雑)。わたしは閉所恐怖症気味なんで、こんな状況になったら発狂する自信あるわ。

 


その夜の侍

その夜の侍

【あらすじ】5年前、ひき逃げ事故で妻を失った中村(堺雅人)は犯人への復讐心を胸に鬱屈した日々を過ごしていた。一方のひき逃げ犯、木島(山田孝之)は出所後も罪の意識などなく、暴力に明け暮れていた。そんな木島の元に殺害をほのめかす手紙が届き…。キャッチコピーは「お前を殺して、俺も死ぬ」

 朗らか笑顔のイメージな堺雅人がキモい汗だく眼鏡を演じており、これがまた非常に暑苦しい!本作の堺雅人には凄まじいものがあります。山田孝之新井浩文田口トモロヲ、でんでんという濃ゆいキャスト。

 これ、「どんな復讐が待ってるんだろう?」と思って観てたら、木島と中村が対峙するシーンで見事に裏切られた。いや、いい意味で。

  

 

豚と軍艦

豚と軍艦 [DVD]

【あらすじ】基地の町、横須賀。その日暮らしの貧乏生活から抜け出したいチンピラの欣太とその恋人、春子。豚を飼育しながらいつかきっとと夢を見るが、そこはもがけばもがくほど、深みにはまる泥沼。やがて欣太はヤクザの揉め事に巻き込まれる形で自滅していく。一方春子はしたたかに、たくましく自分の足で歩いてこの町を去っていくのだった…。

 言わずと知れた今村昌平監督作。この人の映画は暑苦しいというか泥臭いというか、匂い立ってくる感じがしますね。

 わたしは、本作のラストシーンが潔くて明るくて、とても好きです。 豚もいいけどね。

 

 

どつかれてアンダルシア(仮)

どつかれてアンダルシア(仮) [DVD]

【あらすじ】アンダルシアの田舎町で女たらしの売れない歌手ニノと太っちょのブルーノは出会う。なぜかウマが合った二人はお笑いコンビ“ニノ&ブルーノ”を結成。ニノがブルーノに繰り出す「どつき」が大ウケして人気を博すが、一方で二人の仲は険悪になるばかり。やがてお互いのその憎悪は殺意へと変わり…。
 

 次は少し趣を変えてコメディを。まずはこの予告編を観て欲しいんですが…

youtu.be

 

  何この暑苦しさ!むさ苦しさ!てか邦題の「(仮)」からして超ウザい!!(笑)。漫才コンビが憎み合って殺し合いに発展!って話がもう「バカなの?」なんだけど、もう全てがやり過ぎでね、バカバカしさを通り越して逆に清々しさを感じられます。

 監督はアレックス・デ・ラ・イグレシア。本作をもっと過激にしたのが、『気狂いピエロの決闘』かな?と個人的には思ってますので、こちらがお好きな方はきっと気に入るかと。 

気狂いピエロの決闘 [DVD]

気狂いピエロの決闘 [DVD]

 

 

 

 というわけで、以上8作品をご紹介させていただきました!あと2つ加えてキリよく10にしたかったんだけど、思いつかなかった(汗)。すみません、いつも見切り発車で記事書いてるもので…。

 そんなわけで、皆さんの思う「暑苦し映画」も教えてくださると嬉しいです!

 

f:id:minmin70:20170829154758j:image 

( …こういうのも入れたらよかったかな…)

 

 おしまい!

  

 

去年書いた夏映画記事はこちら。 

minmin70.hatenablog.com

 

minmin70.hatenablog.com

 

お題記事では、最近こんなのも書きました。

minmin70.hatenablog.com