ファンタスティック映画主婦

専業主婦の、専業主婦による、専業主婦のためにはならない映画ブログ

映画の日特集!映画館に行きたくなる⁉︎印象的な映画館シーンのある映画15選

12月1日は映画の日

と言うわけで、思わず映画館に行きたくなるようなステキな映画館シーンのある映画をわたしの独断と偏見で選んでみようと思います!

 

そして、はてなでブログを書きはじめて丸3年。いつもお読みくださっている皆さま、ありがとうございます!!

というわけで(?)満を持して、

初のマイお題、発動です。

 

お題「映画館映画」

 

マイお題っていうのは、個人が独自に「お題」を作れるっていうはてなブログの機能で、他のはてなブロガーさんもこのお題で記事が書けるんだそうです。

マイお題 - はてなブログ ヘルプ

もしこの「映画館映画」ってお題が気に入りましたら、是非使ってやってくださいまし!!

 

…って、この間似たような企画をやったばかりなんですけどね。

 

minmin70.hatenablog.com

 

よろしかったお付き合いくださいませ〜

 

 

 

 

セイント・クララ

セイント・クララ [DVD]

美しき転校生クララ、彼女は予知能力を持つ超能力少女だった!しかしその力は恋をすると消えてしまうという…

戦場でワルツを』『コングレス未来学会議』のアリ・ファルマンによる、ファンタジックなボーイアンドガールもの。放射能への偏った思い込みが、3.11後に観ると若干どうかとも思うんだが(汗)、終末ものっぽい雰囲気に不釣合いなほどカラフルで、どこかメルヘンチックでふわふわとした映像はクセになります!

てか、誰もいなくなった映画館でクララと恋に落ちた不良少年が・・・ってシーンが最高に

やっば!甘酸っぱ!めっちゃ甘酸っぱ!!

ってなります。大好き。

 

 

デモンズ

デモンズ [DVD]

映画館に閉じ込められた人たちに襲いかかるゾンビ"風"悪魔デモンズ!ボーイズ&ガールズはこの恐怖から逃れられるのか⁉︎

ロメロやルチオ・フルチサム・ライミとも違う、不気味で禍々しいゾンビ(ではないんだが)がほんとに怖い!!ギョロリと剥いた目に緑色のゲロ!浮き出た血管、爪と牙!もう、めちゃくちゃ怖い!(号泣)

彼氏がオートバイにまたがって日本刀バッサバッサするシーンが大好きだぜ!

ちなみに2の舞台はマンション。内容はほとんど一緒(好きだけど)。その後も続編が作られたらしいが、わたしは知らん。

 

 

落日

ツァイ・ミンリャン監督作品  楽日 [DVD]

かつての賑わいは失せ、寂れた映画館が閉館する最後の一日。上映される旧い映画の出演者たち、劇場のスタッフたち、それぞれの思い…

まぁぶっちゃけ、話ってほどの話もない映画なんで退屈なんですが(うぉい!)、シネフィルを自称している方は観て損はないかと思います。

途中絶対眠くなる映画なんだけど(うぉーい!)スクリーンの光がドット柄に顔にかかる(穴が開いているので)カットが、ほんときれいで好きです。

 

 

アメリ

アメリ [DVD]

空想女子のアメリは、クレームブリュレの砂糖を割るのと、豆袋(売り物)に手を突っ込むのと、映画館で笑ってる人を観てフィルムに映り込んだゴミを見つけるのが好き♡

…ってお前は何しに映画館に来とんじゃいっていう笑。本作、わたしとしては「他人の人生に介入しようとするサイコパスの話」って認識なんだけども…合ってる?まぁ、だから好きなんだけどね、この映画。

 

 

ミツバチのささやき

ミツバチのささやき Blu-ray

スペイン内戦後、負傷兵との秘密の交流を通して少女が悟る「子ども時代」の終わり。

映画冒頭「フランケンシュタイン」を村の老若男女が集まって楽しそうに観るシーンが好きです。基本こういう「近所の人が集まって映画観る」って描写が好きなんだよね〜。子どもの頃、児童館や公民館でみんなと映画を観たのを思い出すなぁ。「映画が来たよ!映画が来たよ!」テレビもネットもない、こんな生活を羨ましく思ったり。

あわあわとしてつかみどころなさが儚い、霧のような映画です。少女の訴えかけるような目に思わず目をそらしてしまうのは、わたしが「大人」になってしまったから…?

 

 

グレムリン

グレムリン(字幕版)

モグワイかわいい。

グレムリンが映画館を占拠し大騒ぎしながら『白雪姫』を観て「ハイホー!」を歌うシーンはこの映画のハイライト(ただ一番好きなのはヒロインのケイトがパパの死の原因を話すシーン)。でも実際こんな客いたら、昨今のマナー警察の皆さんは黙っちゃいないだろうな〜。映画みたいに映画館ごと爆破させちゃう?笑

 

 

シアター・プノンペン

シアター・プノンペン [DVD]

映画館で偶然観た映画に映っていたのは自分の母親だった⁉︎娘は未完の映画を完成させようと奔走するが…

クメール・ルージュに支配された歴史的悲劇を「市井の人々の」目線で描いたカンボジア映画。こういうことがあったのかと歴史を学ぶと同時に「映画を観られること」「映画を作れること」の素晴らしさを改めて感じます。

てかアジアの映画館て、なんかいいよね。

 

 

チレラマ

チレラマ CHILLERAMA [DVD]

舞台は閉館するドライブインシアター。最後の上映に支配人が選んだのは、くだらなすぎてお蔵入りしたエログロホラーだっ!

これも前述の「落日」同様、映画館最後の日の話なんだけどベクトルが全然違う 笑笑!かかる映画は精子怪獣、人外ホモミュージカル、大便映画と文字通りのクソ映画だぜ〜。最高。

おバカ映画好きは是非どうぞ!

 

 

ピアニスト

ピアニスト (字幕版)

こじらせ女子のエリカは、アレしたティッシュの匂いを嗅ぐのと、アソコをアレするのと、アレをアレしてもらうのが好き♡(間違ってない)

ドライブインシアターと言ったらこちらも忘れられない…。男性経験ゼロすぎて性癖をこじらせた主人公(イザベル・ユペール)が、車の中でイチャつくカップルを見ながら放尿するっていう、誰得なシーンはかなりキてると思います。「母娘映画」としても相当こじれた作品ですね…。

でも、ハネケの中では意外と観易い映画だと思うな。

 

 

マチネー  土曜の午後はキッスで始まる

マチネー/土曜の午後はキッスで始まる [DVD]

キューバ危機に揺れるキーウェストの田舎町で、世にも珍しい仕掛けの映画が公開される。観客がパニックに陥る中、少年少女は恋に落ちる…

年に一度は観たくなるくらい大好きな映画なんだけど、最初にあげた「セイントクララ」同様、こういうローティーンの子たちの映画が好きなんだわ、わたし。18歳のハイティーンだと生々しくなりそうなもんですが、このくらいの歳の子の「キス以降の知識もあるんだけど…」な感じ。たまらんね!( ̄∀ ̄)

監督は「グレムリン」のジョー・ダンテ。ポップコーン撒き散らして騒ぐキッズたちがグレムリンと被るんだけど笑笑

 

 

セッション

セッション(字幕版)

プロドラマーを目指す青年が鬼教師からめっちゃかわいがりされる、「音"楽"映画」ならぬ「音"苦"映画」。

本作はじめの方の、主人公のアンドリューくんとパパが映画館で映画を観るシーンが好きなんです!息子との時間を作りたいと思っている父親とそれに応える息子…のように見えるんですが、実のところ息子もその時間を欲しているという。そんなお互いに信頼している父子の関係性が表れていてとても良いシーンなんですわ。ポップコーンにざざーっとレーズン入れるの時のやり取りとかもいい。ていうかアンドリューのお父さんが、超好きです!そして、

フレッチャーは死ね!

わたしの感想はこちら

 

 

ファイナルガールズ 惨劇のシナリオ

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ [DVD]

主人公たちは映画館で火事に遭遇し、逃げようとスクリーンを破って外に出ようとする…と、なぜか映画の中に入り込んでいた⁉︎

このアイデア一発がほんと素晴らしい。

そして映画の中で出会うのが、亡くなった母親(が演じている役)っていう…。映画は記録で記憶。会いたい人にいつでも会える魔法の装置なんだなぁ、なんて思ったりもして。B級ホラーあるあるに笑い、母子愛に泣く。このシナリオは、完璧。

 

 

人生はシネマティック!

人生はシネマティック!(字幕版)

第二次世界大戦中のイギリスで、ダンケルクの撤退を美化したプロパガンダ映画を作ろうと奮闘する女性脚本家の話。

これは最近観たのですが、色んな苦労があってなんとか完成した映画を、主人公が観に行くシーンがめちゃくちゃ良かったんですよ。その時隣にいたご婦人のリアクションがね、もう製作者冥利につきるというか。映画は観る人にも、作る人にも「生きていく力」を与えてくれるんだなぁ。プロパガンダ映画の監督が「ドキュメンタリー出身」だという伏線を生かした映画内映画にも感動。いい映画だったなー( ;∀;)

 

 

シェイプ・オブ・ウォーター

シェイプ・オブ・ウォーター (字幕版)

言葉を話せない女性とモンスターの恋。種族を超えて愛し合う二人を、美意識溢れる映像で魅せるギレルモ・デル・トロのアカデミー受賞作。

うーんとね、わたし、ネコたんをアレしちゃった半魚人が逃げ出して、映画館のスクリーンの前に佇むシーンがすごく好きなんです。

色味のコントラスト(映画館の赤×半魚人の青)もいいし、ハンギョドンの哀愁漂う背中がたまらんのですよ。こんなハンギョドンなら抱かれても良い…(やべぇ奴)。

劇中の映画館、トロントに実際にあるらしいんですよね。いつか行ってみたいです。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/Elgin_and_Winter_Garden_Theatres

わたしの感想はこちら

 

 

アウトブレイク

アウトブレイク (字幕版)

一匹の猿から広がった疫病の感染爆発(アウトブレイク)。その一因となったのが、実は映画館内での「飛沫感染」なのだった…!

いやまじで、がははと笑う人の口に感染した人のくしゃみの体液が飛んでいく件のシーンは多くの人を映画館恐怖症にしたとかしないとか…(わたしはしばらくトラウマになった( ;´Д`))

大味な部分もありますが、ダスティン・ホフマンモーガン・フリーマンと俳優陣も豪華で個人的にはパンデミック映画の傑作だと思っとります。未見の方は是非〜

 

 

と、最後に「映画館に行きたくなる」ってタイトルと真逆な映画をご紹介してすみません…。

しかーーし!インフルエンザや風邪の流行るこの季節、映画館に行く時は対策をしっかりとしないとね!(雑なまとめ)

 

…とりあえず、「映画館映画」流行らせてね!笑笑

Twitterでも「 #映画館映画」のタグで是非!

わたしのアカウントもお気軽にフォローして下さいませ〜(映画好きさんはお迎えにあがります)

 

 

こんなのも書いてます