ファンタスティック映画主婦

専業主婦の、専業主婦による、専業主婦のためにはならない映画ブログ

サウスバウンド(2015)ーーその道は地獄に通じる★★★☆(3.6)

f:id:minmin70:20171016102501j:image

 

 

あらすじ

南に向けてひた走る一台の車。乗り込む二人の男は血まみれで、「何か」から追われており…(The Way Out)、車がパンクし身動きの取れなくなってしまったガールズバンド三人組。通りすがりの夫婦から自宅に招かれるが…(Siren)、路上で女性を轢いてしまった男。その後なぜか自ら女性の緊急手術を行うことに…(The Accident)。他2編、「南行き」のフリーウェイで起こる怪異を描くオムニバスホラー。

 

 

 

 

 先日観た『EVIL IDOL SONG』に本作の予告編が入ってて、面白そうだったので借りてみました。…って観たの結構前なんだけどね!(最近こればっかり…汗)

これは、かなり好きなやつでした!

 なんてったって、キービジュアルにもなっている、クリーチャーの造形がすごく素敵!

f:id:minmin70:20171016102334j:image

 骸骨系の見た目に鎌のような手。ぬら〜って浮かんでるのがなんとも不気味。おそらく「死神」的なものなんでしょうけど、禍々しさ極まりない。

 そもそもこの作品自体、怪異の理由も登場人物たちについてもふわっとしか言及がないので、鑑賞者は想像しながら観るしかないんですね。そういうのが楽しい方にはとてもおすすめです。でも、話自体は単純なので、小難しいことは考えず、雰囲気にのまれながら禍々しさを楽しめばいいと思います。

 全てのエピソードがうっすらと繋がってはいますが、監督は別々の方なので、個別に観るのが多分正解。

 

 あと、特典収録されているバタリアンズ山口雄大監督らによるオーディオコメンタリーがめちゃくちゃふざけてて(褒めてます)面白いので、そちらでも忘れずに観て下さいね。誰か、西村喜廣さんに仕事あげて下さい(笑)。

 

 

 以下ネタバレしつつ、各話解説。

 

 

 

 

 

① The Way Out

f:id:minmin70:20171016205747j:image

 どう見ても殺り終わりっぽい血まみれの二人が途中ガソリンスタンドに立ち寄る。再び走り出すも、ループに入ってしまったのか、何度やっても車はガソリンスタンドに戻ってきてしまう。男の一人(写真奥)があきらめて「俺はここに残る」と言い出すが、もう一方は「俺は家に帰るぞ!」。すると、後ろからずっと追ってきた「謎の物体」が、ついに攻撃を仕掛けてきた!

f:id:minmin70:20171016205914j:imagef:id:minmin70:20171016205920j:image

ぐふぇ! 

 残された男は「謎の物体」 にうながされるままモーテルの一室へ。すると娘の「助けて!」 と言う声が。男は部屋をぐるぐる回り続け追いかけるが、娘を捕まえることも部屋から出ることもできないのだった…。

 

【解説】おそらくこの「謎の物体」は罪人を裁く死神のようなもので、罪を犯して逃げようとした者は即殺、受け入れた者には相応の罰を与える存在なのではないかと。この話見ただけじゃさっぱり意味がわからないけど、最後の話と繋がってます。

 

 

Siren

f:id:minmin70:20171017214029j:image

 隣のモーテルの一室に泊まっていたのはバンドガールズ3人組。バンドワゴンで発車するもパンクしてしまい、道すがら出会った夫婦から家に招かれる。そして開かれる謎肉祭り。

f:id:minmin70:20171130150642j:image

f:id:minmin70:20171130135107j:image

withキモい双子。

 二人の女子ーズは肉を食して夫婦から謎の儀式を施されて仲間にされる。残った一人はかつて自分のせいで死んでしまったバンドメンバーに追われ、路上で車にはねられれるのだった…。

 

【解説】昔ながらの生活をしていること、儀式での文言から、多分あの夫婦と近所の家族は悪魔か何かと契約して不死身になってるんだと思われる。死んだバンドメンバーも悪魔化して蘇った?もしくはこの土地自体が冥界と通じていて、この世ならざる者たちの巣窟なのかもしれない。

 

 

③The Accident

f:id:minmin70:20171017214253j:image

 ながらスマホバンギャルを車で轢き倒してしまった男。近くの病院に行くが、誰もおらず救急電話すると、「うーん、救急車間に合わないんで、君ちょっと手術してよ」なんて無茶振りされる。案の定手術は失敗、ギャルは「がほっ」と息絶えた…。すると電話の主は「騙されてやんの」とばかりに男を笑う。

 途方に暮れる男に、違う女が電話を代わり、「あなたは悪くないわ」と逃げ道を教えてくれる。男が車で立ち去ると、女が電話ボックスから出てくる。女は「そうよ、そのまま行きなさい」と男を見送るのだった…。

 

【解説】5つの話の中で、これが一番好きでした。手術シーンはイタイタシイし、されてる女優さんのリアクションも見事。無人の病院というホラー感と「早く助けてあげなきゃ!」という焦燥感が独特の恐怖を生んでいて、なかなか面白かったです。おそらくこのおっさんは、いたずら好きな悪魔的なものに弄ばれたってことなのかな…。ちなみに、全話の中でこのおっさんだけが生きのびている。罪の度合いが低かったから、現実に帰されたのかもしれない。 

 

 

Jailbreak

 電話ボックスから出てきた女はそのまま怪しげなバーへ入っていく。すると銃を持ったおじさんが押し入り、「妹を返せ!」と喚き散らす。客から「こんなことしたら大変なことになるぞ」と忠告を受けるも、一人を撃ち(なぜか手が鉤爪)、店主を脅すおじさん。店主は不気味に笑いながらおじさんを隠し扉のタトゥー店に案内する。

 おじさんの妹はそこでタトゥーを彫っていたが、その姿は12年前と変わらない。妹から「私はここにいたい、お兄さんは帰って」と突っぱねられてもおじさんは無理矢理妹を連れ出す。しかし車が砂漠にさしかかると、白塗りの男たちがおじさんに襲いかかる。妹はそれを尻目に車でタトゥー店まで戻っていくのだった…。

 

【解説】ちょっとこの話が一番よくわかんなかったかな。多分妹は悪魔に魂を売って若さを保っているかなんかなんでしょう。あそこにたむろしていた人たちも皆、人外。目形タトゥーがウィンクするのがよかったな。

f:id:minmin70:20171130150723j:image 

 

 

⑤The Way In

f:id:minmin70:20171130150615j:image

 タトゥー店の真横のダイナーではティーンエイジャーな娘とパパママの家族連れが食事をしている。彼らは車に乗り込み近くの別荘に泊まりに行く。部屋でくつろいでいると、外から物音がする。警戒しているとマスクを被った三人組の男が襲ってきた!

 ママも娘も襲われる理由がわからない。が、どうやら原因はパパにあるらしい。女の子の写真f:id:minmin70:20171130152453p:image(1話で男の一人が持っていたもの=多分男の娘)を見せられて青ざめるパパ。一味の一人から耳打ちされ、「あなた…!!」と驚愕するママ。男たち(マスクを脱ぐと1話の二人であることがわかる)が家族を殺すと、死体から「謎の物体」が現れる。また、地面を突き破りでかい触手が現れ男の一人を飲み込んでいく。

 二人は命からがら車に乗り込み、なんとか逃げ出す。ラジオから不吉なセリフが流れる中、彼らの車は南へ向かうのであった…。

f:id:minmin70:20171130152435j:image

 

【解説】想像するに、パパは男の娘に性的なイタズラをしたかなんかで、三人組に復讐をされたんだと思います。でもって、この土地で殺人という罪を犯したために犯人たちは、クリーチャー=死神に狙われることになった…とわたしは解釈しました。 1話に繋がる円環の体をなしていますが、オーディオコメンタリーでも言っていたけど、時系列的にはあり得ないんですよね。

 彼らの向かう先がどこと繋がっていたのかは、こちらの海外版ポスターを見ていただければ…と思います。

f:id:minmin70:20171130153932j:image

 次にこの道を通ることになるのは、あなたかもしれません…(「世にも」のタモリ風に 笑)。

 

 というわけで、最後までネタバレ書いちゃいましたけど、興味持たれましたら是非!結構おすすめですよん。

 

 

 

こちらと同じ製作さんや監督さんが多く携わってるそうで、尻切れとんぼに終わる感じとか置いてけぼりな感じはなんとなく似ているかな?と思います。